読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hibizenryokuのブログ

新婚目前、マリッジブルー?を感じつつ、仕事一番で闘う30代女のつぶやき

ついについに前撮り

前撮りの朝。 1時間前に到着してしまい、 荷物だけ置かせてもらって スタバで時間潰し中。 彼は昨晩熱発したため 病みあがり(いや、病み中(T_T)) 無事乗り切れるか…心配。 何はともあれ 記憶に残る 強烈な一日となりそうです。

ブライダルエステ

どうしても綺麗な私を作りたくて 本日、これから慣れないエステ。 その前に… ふらりと入った 街の喫茶店でのんびりケーキ&コーヒー。 常連さんとマスターさんの会話聴きながら 任せてきた仕事を思い出しつつ時間潰し中。 何だかドキドキ。 この忙しい中休ん…

お袋の味ならぬ、親父の味

我が家の「さつま」 材料 鯵 落花生 麦味噌 塩少々 水 ごはん きゅうり ねぎ 1、落花生をすりこぎでペースト状になるまで潰す。 2、塩焼きにした鯵の身をほぐして、1の中に入れて、すりつぶす。 3、麦味噌を入れよく混ぜ合わせたら、水を少しずつ入れ溶いて…

あまーい新婚生活、どっこい日常

「ただいま」に「おかえり」がある日常。 朝夕のごはんに頭を悩ませ 小さな衝突を大人の対応で乗り越えて たまにはひとりの時間が欲しい お風呂から夜の時間 お家での時間は全て全て ふたり一緒。 はじめは緊張で過ぎていき 徐々にいらりが募り 今、 少しず…

メモ

お客さんとの打ち合わせ中 メモをとろうとして 紙が見当たらず とっさに手にメモ。 懐かしいなぁ… 学生時代以来だ。 会社に帰って、 冷静になって見直す手の甲。 はぁ… やっぱり疲れてるな、私。

仕事…

辞めよっかなぁ… 通勤1時間 毎朝4:30起き 仕事は思ったように進まず。 残業も思うように出来ず。 イライラばっかり募る。 まだ一月経ってないのに…。

コントロール出来ないイライラ

久々の早い帰宅。 小さな子どもを抱っこした ママさんを見て 即座に乗るドアを変えた私。 病んでる病んでる>_< 小さないらり 心にゆとりを…。

祝・一周年

一緒にいる不思議。 イラっとくることもあるし えっちぃ気分になること減ったけれど… 一緒にいられる幸せは 変わらず、より大きくなって。 ありがとう、あなた。 私と出会ってくれて 私を選んでくれて。

理想(新婚)

おかえりなさい! 今日も疲れたでしょう? ごはん出来てるから 一緒に食べよう♡ なーんて、 エプロン姿で言う自分を 少しでも想像していたのが 間違いだった。 ただいま〜。 ごめんねーっ、遅くなっちゃって…。 急いでごはん準備するからっ‼︎ 現実はこんな感…

忘備録4

ABC殺人事件 アガサクリスティー 有名であるから、ではなく 中学の頃振り向いて欲しかった彼が 愛読書としてあげていたから 手に取れなかった作家。 こんなに面白いとは…。 想像を超えるどんでん返し。 爽快な結末。 どこか有栖川有栖の作風が 似ている気が…

ゆとり

仕事が立て込んで ゆとりがなくなって 喧嘩一歩手前…。 でも回避できているのは お互いに空気を感じて 適度に距離をとるから。 こういう気が使えるから 私はこの人と結婚しようと思ったのだと 改めて思う。 色々思う。 仕事はなかなか辛い。 でも 頑張ろうっ…

いぢわるな私

一足早く帰っていた旦那様。 シチューの仕上げとお洗濯物を畳んで 私の帰りを待っていて。 ありがとう、という感謝の気持ちで 彼がお風呂の間に こっそり畳直し。 ごめんね。 貴方の優しさが大好きです。

ふたり暮らし

他人との生活は ストレスとの闘い…かと思いきや 意外とそうでもないことが判明。 私が言いたいことを言って クッションみたいに受けとめてくれる 優しい相手のおかげ。 明後日からは仕事もプラスの 2人の新生活。 何となく 楽しい予感。 なんだろう。 幸せっ…

新人

人を教えるのは 本当に難しい。 自分の思う「常識」がない 相手に教えるのはなおさら…。 入社して3週間。 イマイチ掴めない新人さん。 やる気があるのかないのか? そもそも仕事をする、ことが どんなことなのかわかっているのか? ふむ。 どうしたものかね。

ラタトゥイユ

材料 ナス 一本 トマト 一個 ズッキーニ 一本 玉ねぎ 半分 人参 一本 トマトケチャップ コンソメ 水 オリーブ油 作り方 野菜を一口大に切る。 それぞれの野菜を個々に炒める。 トマトはヘタをとって、火で炙り、皮を取る。 炒めた野菜を鍋にいれ、最後にトマ…

ロッテリア

自分が言ったことが 直球で返ってきて わかっていたことだけど 自分の首締めました。 もうどうしたらいいか わかりません。 仕事しているのだろうか、自分? 正直 自分の持てる時間は 全て仕事のみに充てている今 限界かも…。 夫婦生活を 仕事に侵食されるな…

忘備録3

長い廊下のある家 有栖川有栖 推理しながら物語を読み進めるのは、本当に苦手なのだと痛感。 これっぽっちも思い浮かばない、犯人像。 少しくらいこうかなぁ?と思い浮かんだら、もっと楽しめるのにと、我が頭の足りなさに寂しく思った。 最後の短編は、イラ…

食欲崩壊

風邪で体調が最悪でも 食欲が落ちないのが私>_< でもって今回は 崩壊、となりました…。 従って 風邪で休んでいたのに 体重増加な予感(ノ_<) わ、笑うに笑えない…。 病人ぽくするつもりなかったけど 明日会社行きにくいよぅ。苦笑

忘備録2

鉄の骨 池井戸潤 社会人になって知る自分の力ではどうすることもできない「大きななにか」 それに縛られることが嫌で嫌で、知らずうちに全力で反発して、疲弊していった20代。 それに流されることをまた良しとしつつあった今。 そんな流される自分がガツンと…

改心とまではいかぬとも

お気に入りの読書スポット。 ゆっくり大好きな場所で 穏やかな時間を過ごすと 考えも次第に柔らかくなる。 永遠にともに。 違うから楽しいんじゃないか? いらりはたくさんあるけれど、 いらりを飲み込まず いらりをかわして 歩んでゆければ いいのかなぁ…(^…

大好きな俳優逝く

この日が来ることは 薄々わかってはいた でも もう一度復活してくれるのではと 勝手にも期待していた。 願っていた。 画面の向こうでしか 会ったことがない人。 渋くて優しくて 本当に素敵なおじさま。 たくさんの素敵なドラマを ありがとうございました。 …

風邪

足に力が入りません。 こんなことは久しぶりです。 まずいです。 本当に… チオビタとルルと気合で治します。 はぁ… こんな時に頼りたいのは 彼じゃないのかなぁ、本当は。

さくらサクラ

心癒された休日だったのに 即効イライラ。 原因はほんの些細なこと。 雑用を「雑」に 片付けたことが 許せなかった。 そんな奴が偉そうに仕事するなよ、と。 1番偉そうなのは そう思っているこの私。 あーあ 美味しいはずの日本酒が 泣いてるよ…

いらつき

仕事がうまく運ばず イライライライラ。 慣れない新生活。 不便な電車通勤。 ほんの少しの優しさを ほんの少しの思いやりを 求めることは誤りなのか。 あたたかい言葉を学んだなら 1番身近な人に還元してくれても いいものなのに。 最大級の嫌味は 私のささ…

備忘録

今週の本 夢枕獏 男の貌 プロレスも釣りも全くわからないが、なぜかそれらの虜になった気分を味わう。 「男の臭い」といえば良いのか たまらないぞくぞくする色気とともに。 やはり獏さん。 読書の虫を呼び起こす、いい作品でした。 有川浩 ヒア・カムズ・ザ…

電車に揺られて

電車通勤を始めて2週間。 ダイヤに拘束される生活に慣れず 何となく家を出て目の前で電車を逃す日々。 いつの間にか、決まった時間で動く生活が 出来なくなっていたらしい。 朝の車内 夜の車内 それぞれが見せる違った顔に 自分だけが一生懸命ではないと気付…

祝・卒業

5年住んだアパートを 引き払う日がやってきた。 初めての一人暮らし、 一人の自由さと寂しさ。 お金の管理。 食の大切さ。 遅ればせながら、「社会」を知った。 なんだか感慨深い。 ここを引き払う日がくるなんてT_T 明日の引越し。 大変だけど、頑張ろう!

ふあんフアン?

半日以上寝ていた休日のせいで こんな時間でも眠れない夜。 悪いリズムは かれこれ2週間続いている。 原因はただ1つ。 新しい生活が近づいて ただただ不安定になっているのだ。 逃げたい… 逃げたい…。 こういうときに限って 変化を伴う仕事がやってきて…。 …

甘え

実家にて。 口から出そうなくらい モリモリごはんを食べて ごろ寝で寛ぎ。 嫁いだはずが 実家入り浸りなんて…(^^;; ははは… 今だけ今だけ。

リセット

精神的に下降気味だった1週間。 リズムも悪くて、本当に辛かった。 お酒とやけ食いで MAXにダメになった翌日。 掃除と片付けで 一気にリセット。 これだよ、これ。 すっきりすると 気持ちもさっぱりする。 ここでの生活も残り1週間。 終わり良ければすべて良…

幸せの連鎖

あるような ないような。 でも とあるタレントさんの 妊娠報告のブログを読んで ほろりほっこり 幸せな気持ちになった私。 これ、かな。 幸せの連鎖。 私も 誰かに伝えられるといいな。 怒るより にっこり微笑むほうが 何倍も難しくて 何倍も素敵なこと。

嫌なとこ

大好き、でいっぱいで 目が曇っているときは 相手の欠点を見ようとしない。 好き、が安定してくると 「嫌なとこ」ばかり目につく。 あれも嫌 これも嫌。 あれは我慢できない これも我慢できない。 挙句 なんで、この人と 一緒にいるんだろう? なんて思った…

ひとりからふたり

ここから新たなスタート 一歩ずつ、焦らず確実に。

始発の新幹線…

人間座りたい、という欲求は こんなに凄まじいものか…。 始発の新幹線が来るや否や、 階段を駆け上がり、 ホームをダッシュ。 確保した席に手荷物を座席に置いて ゆったり買い物へ…。 いやはやなんとも。 しかし… それに漏れることなく ダッシュした私(^^;; …

手紙

最近のお気に入り。 back numberさん。 飾らないことばと 優しいメロディー 優しい歌声 すぅっと心に沁み込んでくる。 入籍を二日後に控え 両親へ手紙を書いている私。 ちっとも出てこない感謝のことばたち。 言いたいことは 山のようにあるのに、な。 彼ら…

父のことば

自分がこうだと思ったら、 周囲に相談せず、 道を決めてきた私。 母はその度にいつも ハラハラさせられてきたという。 この度の結婚も 色々あって、 たくさん心配をさせていた。 だが、そんな母に 父は一言 「お姉ちゃんはどこでも やっていけるから大丈夫だ…

目が冴えて

眠れない…。 眠たいのに。 予定明日もいっぱいなのに…。 でも こうしてお布団の中で うだうだしている時間 結構好き。 お休み前の 貴重な夜時間(*^^*)

引き出物

結婚式の打ち合わせにて、 「引出物」についてお勉強。 「記念品」「引菓子」「名披露目」 の三種類があったなんて! 今まで謎だった 「熨斗のついたタオル」 意味がようやくわかりました笑 さてさて問題の私たち。 たくさんのカタログたちから 私たちらしい…

電気代節約、かな

今週のお題「冬の寒さ対策」 独り暮らしを始めてから 変わらず続けているのは 「ユニクロフリース」 「半纏」 「ひざかけ風ブランケット」 「もこもこ100均靴下」 を着こんでエアコン無し。 そして、夜はなるべく早く寝る! お布団は湯たんぽで温めておいて …

秘密

大したことないと言われるかもしれないが、お酒が好きな私は、お酒を飲まない彼に、お酒が呑みたくなる瞬間を打ち明けることができないでいる。 こうして、こっそり呑めるのもあと数ヶ月…。 負担にはならないけれど、やっぱり呑みたい時はちゃんと言えるよう…

中華麺入り大根グラタン

お腹いっぱい大満足。 早く帰ってきたから 今日はのんびり夜を楽しもう。 <材料> 大根 ブロックベーコン 中華麺 トマト とろけるチーズ ホワイトソース コンソメ 塩少々

甘露かな

寒い夜に 一人晩酌。 我慢ができず 少しだけ熱燗。 あぁ… しみるなぁ。

自己顕示欲

昔から人前にたって何かをやることが好きだった。 注目されればされるほど… 特別な人になりたかったのかもしれない。 高校に入って、大分その傾向が落ち着いたと思っていたけれど… 持って生まれた気質はそうそう変わらない。 ほら、 今だってこうして誰かに…

男子ごはんのマネまね

塩ラーメンもどきです。 麺に絡めると少し薄味。 改良が必要です(^^;; <材料> 鶏胸肉 長ネギ 中華麺 昆布 お酒 塩 みりん いりこ出汁(少々)

体内時計リセット

誰にでも生活リズムがあって 私の場合は、調子さえよければ どれだけ詰め込んだとしても 乗り切る「根性リズム」で生きている。 では息抜きはどうするか。 休日と決めた前日の夜から 自分の欲求に素直になって 食べたいだけ食べて、 寝たいだけ寝る。 好きな…

モーニング

開店間もない大好きなカフェ。 お気に入りの窓際の席でのんびりのんびり。 名古屋メシで有名な「ドリンク代のみ」ではない、ちょっとお高い朝ごはん。 迷った時、落ち込んだ時、ここへきてゆっくり美味しいごはんをいただいて、自分をリセットしてきた。 今…

ジブリ

金曜日の夜は気が抜ける。 そこへきて、大好きなジブリがTVで放映…。 観始めたら動けなくなる、とわかっていたのに(^^;; もう何回も観たはずなのに、しっかり楽しんでしまった。 片付け&洗濯は明日…。 あーぁ。 おやすみなさい。

湯たんぽ

こどもの頃から 冬のお布団を温めてくれる 必需品「湯たんぽ」 じんわり温かくて 足元から温まると ゆったり眠りに誘われる。 寒いのは嫌いだけれど 湯たんぽの温かさはいいな、と思う。 今日は少し 早めに休もう。 温かな布団で 贅沢な夜のひととき。 おや…

思い出を捨てる

約5年生活したこの部屋を 卒業する日が決まった。 あと1月強。 モノが少ない部屋、 というのが自慢だったのに 気が付けばモノだらけ。 長いようで短かった この部屋での5年間で 増えた荷物はそれぞれに思い出があって。 捨てる、となると 勇気がいるけど 新…

冬のお布団

大寒波がやってきていた週末 久しぶりに彼と過ごした。 一人の夜は冷たいお布団なのに 二人だと不思議と温かかった。 それは決していやらしい意味ではなく。 くっついている温かさ 安心感から得られるあたたかさ 寒い寒い夜なのに ほっこり幸せな夜だった。 …